荒木菜穂さんその後

でネチネチからんでしまった
荒木菜穂さんの「現代フェミニズムスにおける「性の政治」再考:「女性による性的快楽の追求」への多様なまなざし」女性学年報、25巻、2004
という論文を見る機会があった。

おそらく若い学生さんなので、特にこの方に粘着しようと思っているわけではないのだが、タイトルに興味があったから読んでみた、ぐらい。特に個人的に興味があるわけではない(まあ若い世代の学者文献リストを見たいってのはある)。
読んでいると、途中、(Macska 1998=2002)という表記を見ておどろく。
はてなダイアリーでも有名なid:macskaさん(正直私はファンだ)の Living in Postmodernity: The Third Wave Feminsm and the Identity of Desire という論文か本を
参照しているじゃないか。おお、「macskaさんはこの名前で出版してたのか!これは読まねば」と思いきや、
unpublishedで、
http://www.macska.org/emerging/01-whatis.html
を指して「アクセス2004年5月8日」と書いている。んじゃ、論文webに載っけてるのかなと
見てみると、このページはLiving in Postmodernityというmacskaさんの
未発表の本の「解説」のページじゃないのかな。ううーん。
まあweb参照するのはいいんだけど、さすがに存在しているかどうかわからない
文献を参照しちゃだめなんじゃないか。
この場合は、著作権主張もページの下ではっきりなされているわけだから、

macska.org, 2000, 「第3次フェミニズムとは?」, http://www.macska.org/emerging/01-whatis.html, 2004年5月8日アクセス

ぐらいにしといてほしい。

それとも直に原稿見せてもらったのかな。いいなあ。

この本出てるんですか?macskaさん、ということでトラックバック送ってみた。
トラックバックというのはリンク貼るだじゃだめなね。・・・あら、なんかおかしいことになった。失敗。ごめんなさい。
“Third Wave Feminism Explained!”っていう本も興味ある。

なんか考証癖がついてきたような気がする。いかん。しかしここしばらくの
考証もどきは、論文に書くもんじゃないし、はてなぐらいが適当なネタという
気もする。


荒木菜穂さんその後」への1件のフィードバック

  1. macska

    その記事は論文というか、普通に教授に提出したペーパーでしかなくて、既に紛失してこの世に存在していません(笑) というわけで、ウェブサイトを参照されたのだと思いますけれど、文献記載方法たしかに間違ってますよね。ところで、その荒木さんの論文読んでみたいのですけど、誰かPDF作って結婚してくれませんか?(って、そんな古いネタ理解できる人いるのだろうか)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。