MS WORDのキーバインドを変更する

ワードはショートカットキーも好きなように設定できるので、自分好みにしておきたいですね。

Mac OSはカーソルの移動とか、Emacsというテキストエディタの操作法に準じているのですが、Wordはその習慣を無視してるので腹がたちます。

ちなみに、Emacsのカーソル移動だけ書いておきます。

Ctl+f(controlキーとfを同時に押します)で前へ、Ctl+bで後へ、Ctl+pで上、Ctl+nで下にカーソルが動きます。これらはMac OSの標準の動きなので、ブラウザその他の書き込み欄などで使えます。他にもCtl+dで一文字削除とかいくつかあるんですが、まあカーソルの上下左右だけでも十分でしょう。

 

 

まあここらへん http://futurismo.biz/archives/731 見て設定します。Word for Macだとメニューの「ツール」から「ショートカットキーのユーザー設定」です。

私が設定しているのは

カーソルの前後上下の移動ぐらい。

あと脚注はけっこうよく使うので、

同様に「編集」のInsertFootnoteNowをCmd+Shift+Fに割り当ててます。

他にもよく使うのがあれば割り当てておくのがよい。でもそんなよく使う機能はあんまりないですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。