授業中うつぶせで寝るのは勘弁してください

授業中眠くなったり寝てしまったりするのは授業がヘタでおもしろくないのででしょうがないのですが、「寝るぞ!」とうつぶせで寝るのだけは勘弁してください。

学生様はどうも高校の授業とかでうつぶせで寝たりしても放っておかれたりした経験があるようで、まあ私語して他の人の邪魔されるよりは寝ててくれた方がいいか、みたいなことを考える先生もいるかもしれませんが、やっぱり態度として非常によくない。

そういうのは、まあまわりの人間に対して興味がない、どう見られようがかまわない、特に講壇でしゃべっているあいつが嫌いだ、あまりのおもしろくなささに抗議する!という意味になりますわね。少なくとも「お前は私と対等な人間として認めない」みたいな意思表示になる。

うつぶせになって「いざ、寝るぞ」と思っても実はよく眠れないものです。

いねむりというのは、眠いのを我慢に我慢を重ね、無理な姿勢でこっくりこっくりするのが気持ちよいのです。あの「ガクっ」という感覚の甘美さを堪能するために、うつぶせになるのはやめましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。