学生様の名前の呼び方

学生様の名前の呼び方は面倒ですね。

まず「〜くん」なのか「〜さん」なのか。私はこれまで男性は「名字くん」、女性は「名字さん」と呼んでましたが、ジェンダーニュートラルにするためにどっちかに統一する必要があるのではないか。その場合は「さん」づけになりますかね。人生の師の一人と仰いでいる老師は、目上でも年下でも男女だれでも「〜さん」でかっこよかった。

女子も「大島優子君」みたいに呼ぶのはなんか偉そうでかっこいい。「福沢諭吉君」みたいな「くん」づけ文化は悪くない気がします。

今年問題になりそうなのが、1回生の前期のゼミは名簿順で機械的に割り振られるために、全員「山」からはじまってて、とくに「山本」の人が5人もいるんですよね。しかし女子を下の名前で呼ぶのも抵抗あるんよね。「莉乃さん」「みなみさん」もなんかあれだし、「友美君」「敦子君」「麻友君」とかになるのかか。いやこれもおかしい。やっぱりフルネームになるんすかね。全員フルネームで呼ぶことになるかもしれないなあ。

 

まあ中学高校の先生とかはフルネームが基本だと思うし、「フルネームさん」になるんすかね。相対性理論の地獄先生もそういうの悩んでたかもしれませんね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。