ドラムセットと私

ギターはうまくならないしなんかピロピロを練習する気にはなれなかったんだけど、ドラムセットには興味があった。そもそも中学校でもドラムセット(当時はやってた透明のやつ)があって、打楽器担当の子が叩いてたんだけど私も叩きたい!でもなんか禁欲的な部活なので自分の楽器以外に手を出してはいかん、みたいな雰囲気があってねえ。エイトビートとかシャッフルぐらいはこっそり習ってた。

高校では1年上の打楽器の先輩がなかなかドラムうまい人で、吹奏楽でポップスやるときかっこよかった。私もやりたい。

ってんで2年生ぐらいのときは夏休みとか部室に忍びこんでドラムセットして練習。ちゃんとメトロノームも使ったんですが、やっぱりうまくはならんわねえ。リズム音痴は直りません。遊んでいるをその先輩にバレたりもしたけど見逃してくれた、っていうか「ほんとはよくないんだけど」と言いつつちょっと教えてくれたりもした記憶がある。お世話になりました。

まあでもこれは使いものにならんな、というのは練習していてわかった。

高3のときにクラスの同級生がバンドやりたいがドラムがいない、みたいな話になって、あれがドラム叩けるらしい、みたいな話でスカウトされてしまう。下手だからあれなんだけどねえ。

「あの娘は浮気なパレットキャット!」とか「愛の世代の前の暴風雨の中」とかなんかそんなんやった記憶がある。ハシっちゃったりしてあれだった。

まあでもギターのやつとボーカルのやつはうまかったな。中学とか住んでる場所が違う異文化の人々なのでそれほどつきあいはなかったんだけど。

あと別のバンドにベースすごいうまいやつがいた。自分で考えたように見えるスラップベースソロとかしていてすごいなー。ベースやりたいなー。

どういうわけかその学園祭が終ったあとに、物置みたいなところにベースとベースアンプが放置されているので潜入して弾いたり。(私は休みの日の学校にいるのが好きなのである。)ちゃんとしたフェンダーのジャズベ。これはよかった。しばらく練習して、ベースこそが私の楽器みたいな気がするな、とか思ったけど買えない。受験まじかだし。
まあでもどんな楽器でも音を出してスケール弾いて超初心者はすぐに脱出できるんすよ。フルートやクラリネットやサックスも吹ける。金管もOKだし。オーボエとバスーンはわからんけど。なにごとも初心者から中級にあがることができない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。