Ratus先生たちのHuman Sexuality

というわけでまあおすすめのRathus, Nevid & Fichner-Rathus先生たちのHuman Sexualityの「ジェンダー役割」の項目も訳出してみました。他にも妊娠のメカニズムとか人々はどんなのに興奮するかとか、おすすめの体位とか各種テクニックとか、ポルノやら性暴力を避ける方法やら事後対策やら、なにからなにまで書いてて素敵なんですがね。2、30人人集めて翻訳して出版したいなあ。価値があると思うんだけどね。

これは第6版のやつなので、最新第9版では参照する文献とか含めてぜんぜん違う文章になっているのではないかと予想。第8版は図書館入れてもらったつもりだけどチェックしてない。まあ第9版をamazonで私費で注文したからどんなになってるか楽しみでもある。

Human Sexuality in a World of Diversity
Spencer A. Rathus Jeffrey S. Nevid Lois Fichner-Rathus
Pearson
売り上げランキング: 73,606

前に紹介したボストン女の健康の本集団のOur Bodies, Ourselvesは松香堂から1988年に出たやつを入手してみました。『からだ・私たち自身』ってやつ。出てるのは知ってたけど放っておいたんよね。

定価5000円。藤枝澪子先生が監修、校閲を河野美代子先生と荻野美穂先生がやってて、訳者は「翻訳グループ」が23人、「編集グループ」が25人。すごい大きな仕事だ。偉い。まあこれくらい人数集めないとできないわよね。当時のフェミニズムに勢いがあって、みんな真面目だったのがわかる。これから25年四半世紀も経過してるんだからフェミニストグループが同じようなことやるってのもありそうなんだけどね。あちこちから研究助成みたいなのもでてるだろうし組織もしっかりしてきたし。まあ私がやるべき仕事ではない気もしてきた。

からだ・私たち自身
からだ・私たち自身

posted with amazlet at 13.01.20
ボストン女の健康の本集団 『からだ・私たち自身』日本語版編集グループ
松香堂書店
売り上げランキング: 387,499

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。