進化と道徳の本

進化と道徳の関係について、いろいろ本があるなあ、とか思ったり。いっぱいありすぎてわけわからんわね。学生様になにをおすすめすりゃいいのか。私もずいぶん読んだんですが、特におすすめのやつ。

超基本書。読んでない人は読書人としてモグリ。

利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 9,292

偉い先生の。内井先生の名著だと思う。いまとなってみるとつっこみというか情報が不足しているかもしれないけど、その状況で書いたものとしてはすばらしい。でもまあ倫理学者向けだわね。

進化論と倫理 (Sekaishiso seminar)
内井 惣七
世界思想社
売り上げランキング: 726,461

これは古いか。

徳の起源―他人をおもいやる遺伝子
マット リドレー
翔泳社
売り上げランキング: 651,552

おもしろかった。孤独な人は読みましょう。孤独は健康に悪いです。ははは。

孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか
ウィリアム・パトリック ジョン・T・カシオポ
河出書房新社
売り上げランキング: 105,508

読みやすい一般書。

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学
ロビン ダンバー
インターシフト
売り上げランキング: 13,197

ハイト先生は2000年代で倫理学にとって一番重要な人々の一人。

しあわせ仮説
しあわせ仮説

posted with amazlet at 13.07.04
ジョナサン・ハイト
新曜社
売り上げランキング: 122,332

道徳の問題考えるときに進化心理学とか社会心理学とかちゃんとおさえておかないとならん時代。

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)
北村 英哉 大坪 庸介
有斐閣
売り上げランキング: 71,091
人間の本性を考える  ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス)
スティーブン・ピンカー
NHK出版
売り上げランキング: 189,320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。