文章本

まあレポートとか卒論とか、文章は簡単には書けないです。私もこの歳になってもいろいろ反省したり。大学生ともなれば、はやいうちに「文章の書き方」関係のハウツーは何冊か読んでおく必要があります。

論理的に書く方法―説得力ある文章表現が身につく

論理的に書く方法―説得力ある文章表現が身につく

この本よい本だと思うので、amazonで安かったらどうでしょうか。「よい文章を書く」といよりは「よくない文章を見わける」「どこがよくないのかを具体的に指摘できるように」「よりよい文章に書き換えられるように」を目標としているのがなかなかよいです。

学生さんはお金がないのもあってこういう本にお金を使わない傾向があるみたいですが、最低限の自己投資はしなきゃならんです。買いましょう。けっきょく企業で働くとかってのも、企画書や報告書、マニュアルといった書類を作るのが主な仕事になるんでね。

文章のよしあしに敏感になると、好ましい副作用として、おかしな文章やおかしな意見やおかしな人を見わけることができるようになるかもしれません。

あれ、文庫になってるのね。

論理的に書く方法 (PHP文庫)

論理的に書く方法 (PHP文庫)

同じ著者の

論理的な作文・小論文を書く方法―ナルホドと読み手を納得させる

論理的な作文・小論文を書く方法―ナルホドと読み手を納得させる

もいいかも。注文してみた。

あと大学生としてはamazonやbk1といったオンライン書店のアカウントを一つもっておくべきだと思いますね。本屋で探せない本もオンラインなら買えるし早い。ただしクレジットカードの使いすぎには注意してください。

お金がないひとは図書館を有効利用すること。大学図書館には購入希望を出す。京都市立図書館はかなりの品揃えで、オンラインで一番近い図書館に配送してくれます。便利。CDも借りられるよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。